段ボールがとにかく安い 2017年度 キャットタワー

本体はもう一部屋用にリピしました。ちょうど一年くらい経ちます。その割には長持ちしたと、さすがメイドインジャパンの段ボールは研ぎカスも大して出ず強いと思いますが、タワーの真ん中あたりが見すぼらしくなって来たので、初めて段ボールスペアを買いました。

こちらになります!

2017年01月24日 ランキング上位商品↑

キャットタワー 段ボールキャットタワー 壁付けタイプ 詰め替え用 半円型【日本製 猫 つめとぎ 爪とぎ 爪磨き 爪みがき 猫用品 段ボール 壁付け 詰め替え】

Amazonはこちら

楽天はこちら b y 楽 天

。。設計者は恐らく猫を飼っていないか!試さずに販売しているのではないでしょうか。詰め替えが出来るのでとてもまんぞくしています。それから段ボールスペアの用意や巾木の厚さなどへの細かい配慮がある割に、先ほど述べた支柱など作り自体が大雑把というか、例えば土台の厚めの板に隅切りがされてないため人間の足が当たった時にかなり痛い。今回もきれいな部分は残して入れ替えることにしましたが、下部は仕方ないとしても支柱の、今は上部一箇所しかない段ボールを押さえるための横棒の差し込み穴を、上から三段階くらいでいいので増やして頂けたら段ボールの高さ調節が出来るのにと思いました。しかし段ボールを支柱から外して気がついたのは、支柱自体のネジ穴に金属補強が入っていないため、底板裏からねじ込むネジがいくら回しても空回りするようになっていました。ぐらつくなとは思っていましたが。問題は80センチという支柱の高さに対して土台との留めネジの長さが短いことと、猫が立ち上がって爪研ぎする時の強さに、ただ木に穴を開けただけの支柱が強度的に対応出来ていないと思います。小柄な猫!或いは猫の成長に応じての使用などが可能になるのではないでしょうか?ネジ穴が馬鹿になってぐらつく支柱は!仕方ないので接着しました。壁付け置きタイプを使っていています。他の壁ではしないのに何故か!階段手すりのクロス壁で爪研ぎするようになったシニアの雌猫のためにこの爪研ぎタワーを買いました。縦に長いので、我が家の猫たちには、とぎやすいようで、今回は詰め替え用も購入。見ると木製の支柱のネジ穴がグスグスになってしまっていたのです。ですがこちらの商品は!厚めの紙に対して垂直に研ぐような設計なので!硬すぎて研ぎ心地がイマイチのようです。もう一つ提案ですが!80センチという高さは家の骨格が大柄な猫でも!上下に10~15センチくらいの未使用部分が残ります。これまでの爪とぎはほぼほぼ使い捨てだったのに対し、これは詰め替え用があるところがとてもいい。ダンボールは通常厚めの紙の間に薄めの紙が波状になっています。手すりとのインテリア的な納まりが良いと思ったからです。この商品だけでなく他のものも買いましたが、全て同じ方向でした。カスも出にくいし、丈夫なので助かってます。土台もしっかりしています。傷んだ部分だけ取り換えられるのでお得です!ちゃんと使ってくれるか心配してましたが、毎日気持ち良さそうに爪研ぎしてます。階段上がり下がりの度に使うので!あちこちにいくつも置いてある爪研ぎ(他はフラットタイプが大半)の中では一番の使用頻度の爪研ぎです。この様な大きなもの!詰め替え用まで買ってしまい!どうしようかと悩むばかりです。一般的な爪研ぎは!研ぎやすいように厚めの紙に対して並行に研ぐ形状で作られています。