バリアブルの口コミです フィルター

PLフィルターのように!外側の稼働部分を回して減光量を調整します。可変タイプなら一個で数個分の役を果たすので大変便利。NDを効かせていくと若干色味が変わっているような感じですね。

いまオススメの商品!

2017年02月05日 ランキング上位商品↑

フィルター バリアブルメール便送料無料】可変式 NDフィルター(ND2.5〜ND400) 全サイズ統一価格 バリアブル 減光【37mm 40.5mm 46mm 49mm 52mm 55mm 58mm 62mm 67mm 72mm 77mm 82mm 対応】【カメラ レンズフィルター】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

ケースが大きすぎるのが難点。※でもリングがでかいので回しやすくて良いかも。7Dの屋外の動画撮影時に使用していますがとても便利です。色味は・・・ね。約2MM程度大きくなっているようです。まだ使ってませんが!ちゃんと無段階で減光してます。最大にすると十字に青黒いラインが出るけど!その手前までであれば十分。大口径レンズを使って日中屋外で撮影する場合開放近くに持ってくるためにはどうしてもNDが必要ですが、刻々とかわる気象条件に合わせて複数のNDを交換するのも面倒です。この値段ならば文句はないです。NDフィルータを複数所有するのが面倒なので購入しました。減光範囲も結構あるので一枚でかなりの範囲に対応できそうです。シャッタースピード優先にしてリングを回すと絞り値が変化してって面白いですね。NDフィルターです・・無段階調整ですが・・なんの問題も無く使用できました。動画を使う機会が増えたので今回購入しました。他の可変式NFフィルターと同じように途中からムラは出ますが!この値段ならば納得できます。可変式でこのお値段なのでお手頃だと思います。スローシャッター撮影の楽しさをとりあえずこの製品で味わってほしいものですね。これは厳しいかなぁ。 このフィルターに!別のフィルターを取り付ける場合は!外側のフィルター径が大きくなっているため!取り付けるフィルター径に注意が必要です。安価だし、1枚持っていると安心です。肝心の機能性ですが、ND200程度までなら…という感じです。後で外せなくなると怖いので!フードなしで使用したほうが良いと思います。今のところ使う予定は無いのですが、殆どのレンズが52mm径なので、とりあえず買ってみました。かなり高価なこの手のフィルタにしては大サイズでも同価格なのは驚異的ですね。ちなみにフィルターの品質ですが!他のモノを知らないので詳しくは書けませんが!まぁ値段なりって感じしました。又、コーティングが甘いので逆光で丸いゴーストが沢山出ますが、私は逆に意図的にゴーストを付加したい時に積極的に利用して楽しんでます。ものによって異なると思いますので、実際に手にした商品の外径を計測してください。まず、側面のメモリはあまりあてになりません。フィルターに目盛が印刷してあり、目盛に合わせて減光量を調整します。天候不順で何処にも行けません。【デザイン】普通、ただしこのフィルタをつけた上に別のフィルタはつけられません【安定性】可変NDなのでどのくらい減光しているのかは定量的にはわかり肉かもしれません メモリがついているので目安にはなると思います【使いやすさ】ミノルタの500mmREFレンズにつけて金環日食を撮りましたが 当日の曇天とあいまって意外と使いやすかったです。ただ安いから初めてのNDフィルター、使うかどうかは別問題で1個持っておきたいNDフィルター、こんな考えの人にはピッタリなのかな?と思います。良いんじゃ無いですか?ndフィルター初めてなので私には十分ですね。何時か長秒露光での滝撮影をしてみたいです。なにしろこの価格ですので大満足でした。この可変NDならフィルター交換の煩わしさから逃れられ重宝します。同じものを使っていましたが、落として傷つけてしまい、またこちらのショップで同じ商品を購入しました。なかなか良いです。絞り切るとクロスのムラが出来てしまいますが!それ以外は特に問題はありませんでした。更にスロにしたいときはこのフィルタを二段重とかで使うには無理があるので他のND等とあわせて使えばかなりのスローシャッターまで行けそうですね。MAXにすると真っ暗でほとんど光をとうしません。調整が効くNDフィルターはやはり便利ですね。水の流れなど動きを表現するのに欠かせないNDフィルター。少しレンズ径より大きいのでフィルターを装着してからレンズフードを取り付けできないのがちょっと難点ですが、それ以外は操作感も概ね良好です。被写体振れはあるものの波の感じ!人の動きが消える感じ。MAX近くではどうしてもムラできるとか若干色がニュートラルじゃない感じがあるとかの問題がありますが、一眼カメラを初購入した方にはオススメしたいものです。新しい露出設定のやり方を発見しました。しかも当商品は某国産メーカー品の可変タイプの10数分の1の価格なので、買って損の無いものと思います。可変NDとしては安いので良いです。※水は白飛びしやすいのでRAWでの撮影をオススメします。有名メーカーのは高価な物は私には勿体無いので安いこちらの物を購入しました。外形が大きいのでフードを付けたときに回転させたり脱着が難しいです。また!価格面で一番安価なショップのものをオーダーしました。【収納性】 フィルターケースはこの手のものとしては普通な感じで特に問題ない【携帯性】 収納性と同じで普通【その他】 絞りのついていないrefレンズとの組み合わせで他にも使えそうな気がします。。問題はレンズ付属のキャップやフードを取り付けできない事。AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IITOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8は先にフードを付けておかないとフードが付かなくなります。今度の撮影で使うのが楽しみです。が、発想を変えるとそこがまた面白いところでもあり、実は結構わざと濃いめにして使っていたりします。以前77mmを購入して便利だったので、交換レンズ追加のためサイズ違い(72mm)を再度購入です。なのでテレビの釣り番組で実験中。メモリ内におさまっていてもあまり濃いめで使用すると写真としては残念なものになります。取説はないので減光量の調整は!今後使用しながら理解することになるります。